これは相模ゴム工業の「ニッポンのセックス2018のデータを引用しています。

 

現在の初体験年齢19歳!


スライド1

これは40年で3歳も若くなってきています。

性欲が無い草食系男子の増加や未体験の男女の増加が指摘されていますが、意外と初体験年齢は若くなってきているんです。

 

でもびっくりするほどは若くはなっていないですよね。

これは高校と言う学校生活や実家暮らしなどの生活環境が大いに関係していると思います。

なので日本人の初体験年齢が19歳ということはこれ以上若くはならないでしょう。

 

こんなデータもあります。

初体験の相手は?

スライド2

男性は年下の交際相手が減少、女性は年上の交際相手が減少。

 

男女のカップルで男性が年上、女性が年下という以前までの概念が崩れていることがわかります。

姉さん女房のようなカップルも増えてきているということでしょうね。

 

そして初体験での出会いはどこ?
スライド3
スライド4


まず特筆すべきことはSNSでの出会いが増加

女性は11%もSNSで出会っています。

もちろんネットでの出会いが増えたのはここ10年ですので当たり前なのかもしれません。

でも僕には想像できないことです。

お見合いが減っている代わりにSNSでの出会いが増えています。

見ず知らずの人とSNSで出会い初体験を迎える。

そういう時代なんですね。勉強になります。

 

そして同じ会社が減って同じ学校が増えています。

これは女性の進学率が固まったことが影響しているのでしょうね。

女性の社会への進出が日本は遅れていると言えますが、性事情においては影響を受けていると思われます。

 

男性においては風俗での初体験も減っています

風俗店の減少が影響しているのでしょうか?

友人に連れていかれるケースも少なくなったのでしょうね。

いかがでしたか?

初体験から社会の変化をひも解いてみました。

さまざまな意見があると思いますのでじっくりデータを眺めてみてください。