TENGA ドクターのblog

TENGAドクター(福元和彦)が正しい性の情報をわかりやすくお届けします。 また男性特有の悩みに関する話題も解説していく予定です。 もちろんTENGA製品の話も!

Twitterもやってます
 福元メンズヘルスクリニック(@fukumenshealth)
 https://twitter.com/fukumenshealth

平成の勃起を振り返る

1999年(平成11年)323日に日本でバイアグラが発売されました。
_MGM8387

その開発はちょうど平成3年ぐらいから始まったとされています。

もともとは狭心症の治療薬として開発されたバイアグラ。

1990年代前半から臨床試験を行ったところ狭心症の治療薬としては効果が出ず試験は中止となりました。

試験中止を受けて被験者に対して薬剤の返却を求めたところ、拒否するということが起こりました。

拒否した理由は陰茎の勃起力が向上したことでした。


それを聞いた大手製薬メーカーのファイザーはED治療薬としての開発を進めました。

そして1998年(平成10年)にバイアグラがアメリカで販売開始となり、あっという間に「話題の薬」になりました。

勃起は薬で取り戻すことができる!

絶対に治らないという意味の勃起不全(インポテンツ)という言葉を勃起障害(ED)と変えてしまったのもバイアグラの影響です。

 

アメリカで販売されてすぐに輸入代行により日本にもバイアグラが入手できるようになりました。

そうなると副作用による死亡症例も出てきました。

狭心症の治療薬で血管を拡張する作用があるニトログリセリンを内服している方がバイアグラを内服して心不全を起こしたのです。

慌てて救急医学会や循環器学会がバイアグラとニトログリセリンを同時に内服しないように声明を出したほどです。

それぐらい急速に日本に入ってきたんですね。

 

そして厚生省も動きました。

なんと日本での臨床試験を実施せずに日本での製造販売許可を出したのです。

結局アメリカの販売から半年後には日本でも販売されました。

すごいスピード感ですよね。

 

対して女性の経口避妊薬であるピルは海外から10年以上たってからの承認が下りています。

各省庁の役人もバイアグラが欲しかったのかもしれませんね。

 

こんな経緯でバイアグラが販売された後は、レビトラとシアリスが販売されています。

その後は世界的にもED治療は画期的な薬が無いままです。

 

平成においての勃起は「オトコが自信を取り戻した時代になった」ということが言えます。

病名まで変えてしまうほどの時代ですから、すごい進歩ですよね。

 

現在ではED治療薬であるPDE5阻害薬は肺高血圧症や前立腺肥大症の治療薬としても使えるようになってきています。

血管機能を改善させる薬として今後も開発が進んでいくと思われます。

 

30年前は全く治療できなかったED

バイアグラが効果ないと言って文句を言うのは贅沢ですね。

初体験年齢が低下している。

これは相模ゴム工業の「ニッポンのセックス2018のデータを引用しています。

 

現在の初体験年齢19歳!


スライド1

これは40年で3歳も若くなってきています。

性欲が無い草食系男子の増加や未体験の男女の増加が指摘されていますが、意外と初体験年齢は若くなってきているんです。

 

でもびっくりするほどは若くはなっていないですよね。

これは高校と言う学校生活や実家暮らしなどの生活環境が大いに関係していると思います。

なので日本人の初体験年齢が19歳ということはこれ以上若くはならないでしょう。

 

こんなデータもあります。

初体験の相手は?

スライド2

男性は年下の交際相手が減少、女性は年上の交際相手が減少。

 

男女のカップルで男性が年上、女性が年下という以前までの概念が崩れていることがわかります。

姉さん女房のようなカップルも増えてきているということでしょうね。

 

そして初体験での出会いはどこ?
スライド3
スライド4


まず特筆すべきことはSNSでの出会いが増加

女性は11%もSNSで出会っています。

もちろんネットでの出会いが増えたのはここ10年ですので当たり前なのかもしれません。

でも僕には想像できないことです。

お見合いが減っている代わりにSNSでの出会いが増えています。

見ず知らずの人とSNSで出会い初体験を迎える。

そういう時代なんですね。勉強になります。

 

そして同じ会社が減って同じ学校が増えています。

これは女性の進学率が固まったことが影響しているのでしょうね。

女性の社会への進出が日本は遅れていると言えますが、性事情においては影響を受けていると思われます。

 

男性においては風俗での初体験も減っています

風俗店の減少が影響しているのでしょうか?

友人に連れていかれるケースも少なくなったのでしょうね。

いかがでしたか?

初体験から社会の変化をひも解いてみました。

さまざまな意見があると思いますのでじっくりデータを眺めてみてください。

淋菌やクラミジアは喉でも繁殖する!

淋菌とクラミジアと言えば男性であれば尿道炎、女性であれば膣炎が有名ですよね。

男性が尿道炎になると膿が出たりやおしっこするときに痛みがあったりするのが主な症状です。

女性はおりものが増えますが、無症状のこともあります。

 

そんな淋菌やクラミジアは喉にもいることがあります。

前戯としてオーラルセックスが行われているのは約半数。

前戯

 

フェラチオにより淋菌やクラミジアは尿道から喉に感染します。

もちろんクンニでも男性の喉に感染することもあります。

 

よくあるのはピンサロでクラミジアや淋菌に感染する男性。

ピンサロとは性器に対するオーラルサービスを行うお店です。

ピンサロは口だけのサービスだから感染するリスクが無いと勘違いしている男性もいます。

 

実は不特定多数との性交渉をしている人は喉に感染している可能性があります。

だからフェラチオだけでも淋菌やクラミジアは感染するのです。

風俗店で働く女性は喉の検査もしているはずです。

でもどうしても相手が多数となり検査していても感染を防ぐことはできません。

 

もちろん風俗関連だけではなく一般の男性も女性も喉に感染している場合もあります。

 

喉の感染の場合は風邪のような症状です。

喉の違和感や咳。

風邪と診断されて治療を受けてもなかなか改善しない人でオーラルセックスの経験があれば、喉の性感染症検査をしてみることをお勧めします。


淋菌やクラミジアの治療をしなければ風邪症状は改善しません。

 

でも残念ながら症状があっても保険診療では尿と喉の検査を同日に行うことができません。

これは保険診療上の仕組みの問題なので仕方ありません。

別日に検査をしましょう。

 

予防のためには・・・

オーラルセックス時にコンドームを装着すること。

女性へのオーラルセックスは避けること。

もちろん特定の相手で信頼していれば問題ありません。

結局セックスは信頼できるパートナーとしましょうねってことですね。

アクセスカウンター
  • 累計:

読者登録
楽天市場
記事検索
  • ライブドアブログ