TENGA ドクターのblog

TENGAドクター(福元和彦)が正しい性の情報をわかりやすくお届けします。 また男性特有の悩みに関する話題も解説していく予定です。 もちろんTENGA製品の話も!

Twitterもやってます
 福元メンズヘルスクリニック(@fukumenshealth)
 https://twitter.com/fukumenshealth

性的妄想のススメ

当院には20代の若いED患者さんも多くいらっしゃいます。

若いのになぜ勃起しないのか?中折れするのか?


診察していく中で見えてくるものがありました。


それはズバリ「性的妄想力の欠如!」

 


今の
20代の男性はエロ本やエロ漫画を見ることが少ないと思います。


スマホが普及したことにより簡単に
AV動画を見ることができる。


よって、リアルなセックスの動画を見て性的興奮を得ることしかできなくなっています。

 


でも実際のセックスはリアルです。


AV
のようなセックスはできない。


パートナーも思い通りにならない。


リアルな女性に対して興奮を持続できない男性が増えているんです。

 


今はスマホさえあれば、いつでもどこでもマスターベーションできます。


でも以前は簡単に性的興奮を得ることはできませんでした。


家にエロ本を隠し、
AVは家族がいないときにコソコソ見る。


マスターベーションするのも工夫し苦労していました。


何もネタが無い時は妄想をして勃起させることもありました。


 

妄想をすると女性に対する欲が沸いてきます。


そして性的興奮は妄想することで増強します。


妄想力が欠如すると刺激に頼ることとなり、刺激が無いと萎えてしまいます。


挿入にもたつくと勃起が持続しないので挿入できなくなる。

これがED(勃起障害)の始まりとなります。

 

いつでも気軽にAVを見ることができる状況は勃起には悪い影響を与えます。


妄想力は大事です。


自分の好きな女性との絡みを妄想、過去のよいセックスを思い出す、好きなタレントさんを思い浮かべる・・・


そんな妄想は勃起を持続させることに重要です。


 

ただし!


あくまで妄想なので行動に移さないように。


変な妄想を行動に移すと犯罪になりかねません。


是非たまには妄想オナニーをしてみてください。

1回目のセックスでバイアグラは使うな!

バイアグラなどのED治療薬は勃起を維持させることができる非常に良いお薬です。


男としての自信を保つことも可能です。

 

僕がED患者さんによく言うことがあります。


それは

口説いて初めてセックスするときにはED治療薬を使わないで!


 

ED治療薬を使う理想的なシチュエーションは夫婦やカップルでのセックスの際に使うことです。


勃起力が低下するとセックスレスや夫婦間の不仲の原因にもなります。

セックスが射精まで成り立つことで二人にきずなも深まります。


 

ED治療薬をお勧めしない使い方はこんな時。


例えば初めての相手とのセックスで勃起力や持続力を自慢したいがために
ED治療薬を飲むこと。


その時のセックス中の勃起力はいわゆるドーピングしている状態


そんなセックスがうまくいって付き合ってしまうと・・・


次のセックスの時にも
ED治療薬を飲まないといけなくなる。


女性に対してずっと嘘をついている状態になり、嘘がばれたくないからまた飲んでしまう。


ED
治療薬の値段は安くありません。


ずっと購入することになるとお財布事情も厳しくなります。


 

もちろん、セックスして勃起しないのであればED治療薬を飲むことをお勧めします。


でもその際は
ED治療薬を飲んでいることを女性に告白しましょう。


女性も
ED治療薬を飲んでほしいという希望があるならいいのですが・・・。


 

自分の勃起力に嘘をつき、こそこそドーピングすることは良くありません。


 

あえて言うなら風俗店やワンナイトラブでのED治療薬の使用は構いません。

医師として風俗店を利用することをお勧めすることは抵抗ありますが・・・。


でも女性を口説いて長いお付き合いが始まる可能性があるときは使わないようにしましょう。
 

泌尿器科vs美容形成外科 包茎の考え方

泌尿器科

「日本人の6割は仮性包茎なんだから安易に治療するべきではない!」


美容外科

「手術すると男として自信が出るし性病も防止できるからすぐに手術しよう!」

 


こんな風に全く意見が違います。


僕自身泌尿器科医ですので前者の意見です。



でもみなさんはどう思いますか?

 

世間では「包茎=悪」のような広告ばかりが目立ち手術した方がいいような気もしてきますよね。


実際に美容形成外科で行われている包茎手術の件数は公表されておらず不明です。


でも泌尿器科は保険診療で行う件数は公表されており年間
2000件程度です。


これは保険診療で行われる包茎は嵌頓包茎と真性包茎のみ。


だから仮性包茎で行われている件数は泌尿器科も不明です。


 

試算によると年間10万件も包茎手術が行われているとも考えられています。


まぁそれぐらいされていないとあれだけ広告宣伝費もかけることはできないでしょうね。


 

仮性包茎の手術を泌尿器科と美容形成で行うことで何か違うのか?


一番は値段です。


泌尿器科の相場は
810万。


美容形成外科は
5200万。


 

手術の腕はどうなのか?


そこは手術をする医師によって変わってきます。


でも我々泌尿器科医にとって包茎手術は非常に簡単です。


もちろん美容手術なので完成後のデザインや縫い方に気は使いますが、皮膚を切って縫い合わせるだけの
手術なので泌尿器科医は誰でも手術したことはあります。


僕は泌尿器科医として初めて術者になったのは包茎手術でした。


それぐらい包茎手術は泌尿器科医としての初心者にでもできるものです。


もちろんペニスの構造についてもよく知っています。



一方美容外科医は・・・。


もちろん手術は誰でもできると思います。


デザインや糸は各クリニック独自の方法があると思いますのでよくわかりません。


でも術後を診察した経験からは泌尿器科医がした包茎手術と変わりありません。


だって特別な方法でなければ簡単な手術ですからね。


 

ではなぜ値段の差があるのでしょうか?


泌尿器科医は包茎手術で儲けようとは思ってません。


他の診療で手一杯の部分もあります。


なので医師各自のこだわりはあるかもしれませんが、一般的な包茎手術を行います。


保険診療が可能なのであれば手術料は
1万円以下となります。


クリニックとしては包茎手術代が
810万円で十分に利益はあります。


 

でも美容形成外科は包茎手術で儲けなければいけません。


なのでできるだけ手術することを勧めます。


もちろん保険は使いませんので高額になります。


そしてオプションをどんどん勧められます。


例えばきれいに縫うための糸(
15万)、傷をきれいにするための手技量(10万)、亀頭増大術(20万)、長径術(40万)、イボ取り(11万)など・・・


広告では
5万で手術できると書いていますが、5万で手術してもらった人を僕は聞いたことはありません。


最低
20万ぐらいは必要なんじゃないでしょうか?


 

国民生活センターのHPには美容外科での包茎手術に関する報告が書いてますので参考にしてみてください。
美容医療サービスによる包茎治療の問題点



美容形成外科は外来を受診したその日に手術と言うことがあるみたいです。


考える間も与えずに手術、高額な場合はローンを組まされることもあるようです。


忙しいクリニックであれば手術の予約がいっぱいですぐに手術できる余裕はないはずですので、すぐに手術を勧められた場合は怪しいなと感じてください。

 


仮性包茎に対する手術は不必要です。


でも、もし手術を考えるのであればまずは近くの泌尿器科に相談しましょう。


 

包茎は安易に手術しないで!と中高生の前で叫びたい。


アクセスカウンター
  • 累計:

読者登録
楽天市場
記事検索
  • ライブドアブログ