TENGA ドクターのblog

TENGAドクター(福元和彦)が正しい性の情報をわかりやすくお届けします。 また男性特有の悩みに関する話題も解説していく予定です。 もちろんTENGA製品の話も!

Twitterもやってます
 福元メンズヘルスクリニック(@fukumenshealth)
 https://twitter.com/fukumenshealth

ペニス増大に興味ある?大きくできるなら苦労はしないよ・・・。

答えはあっさりとNOです!

 

でも世の中にはペニスが小さいことへのコンプレックスからなのか、大きくする方法ペニス増大サプリメントがたくさんあります。

週刊誌の広告でもよく見かけますしね。


読んでいる方の中にもサプリを試した方がいるのではないでしょうか?


 

週刊誌に広告を出せるぐらい儲かっているのかもしれませんね。

 

男性の悩みに付け込んだいやらしいビジネスです。


 

では効果が無い理由を説明しましょう。


まずペニスの構造から。


ペニスの中は陰茎海綿体と言う小さな血管の集合体があります。


それを白膜と言う強くて厚い膜が覆っています。


勃起

 


勃起時には血液がペニスの海綿体に流れ込むことで勃起が始まります。


血液が流れ込んで膨れ上がった海綿体の周囲には白膜が立ちふさがりぱんぱんに硬くなります。


ということは・・・白膜という固い膜がペニスの大きさを決めているってことです。


成長期が過ぎた時点で白膜を伸ばすことは不可能です。


大人になって身長を伸ばすことと同じです。


たとえば口を大きくとか目を大きくとか鼻を大きくとか・・・


そんなことは形成手術をしない限りは無理ですよね。


 

ペニス増大サプリにはシトルリンやアルギニンと言う成分が多く含まれています。


これは血管を拡張させて血流を上げる効果があるのですが、残念ながら白膜を伸ばす効果はありません。


 

そしてペニスを大きくするトレーニング。


勃起したベニスをマッサージして伸ばすというもの。


マッサージして伸びるなら、セックスしまくっている人はどんどん大きくなりますよね。


なのでトレーニングは効果ありません。


 

ペニスを増大させる器具。


これもペニスを吸引させペニスを伸ばしているだけの器具なので白膜を伸ばすことはできません。


 

よってペニスを大きくすることはできません。


そんな方法あればみんながやっているはずです。


方法が無いから噂しか出回っていないんです。


 

大きさは5㎝あれば十分です。


5
㎝以下であれば男性ホルモンに異常がある可能性があります。


もし精巣(睾丸)も小さければすぐに泌尿器科を受診してください。



成長期前の10歳前後であればペニスが伸びる可能性もありますが、医学的なデータはありません。


成長期に真性包茎の状態であればペニスの発育を阻害しますので、成長期前に皮を剥けるようになっておくことは重要です。

 


とにかく大人がペニスを大きくするのは無理。


もし大きく見せたいのであれば毛を剃ることです。


そうしたら大きくは見えます。


そんなことより男女でいかに満足できるセックスができるかを考えましょう。

性感染症の感染源は風俗なのか?

毎日のように淋菌やクラミジアに感染した患者さんがいらっしゃいます。

 

ではどこで感染しているのでしょうか?


 

今から書くことには注意事項があります。


あくまでも当院のデータであり男性が多いことです。


あくまでも泌尿器科としての意見です。

 


やはり
7割は性風俗店です。


ピンサロ・デリヘル・ソープなど様々。


どの業種でもリスクがあります。


性風俗店の女性は喉に淋菌やクラミジアが感染している場合が多いので、オーラルセックスで感染します。


「本番行為をしていないから性感染症は大丈夫」というのは大きな間違いです。


性風俗店では性感染症の検査は受けているはずですが、どうしても性的接触の数が多いため感染のリスクは高まります。


もちろん性風俗店の従業員もお客さんから感染するという被害者であることは忘れてはいけません。


従業員は検査していても利用客は検査していませんからね。


でも残念ながら性感染症の感染源として性風俗店が多いのは実情です。


 

2割はパートナー。


パートナー同士でピンポン感染(うつし合うこと)しているパターンもあります。


お互いが同時に検査して治療を受けることが重要です。


どちらかが浮気や風俗店を利用したってことも原因ですが、もともと感染していたってこともあります。


原因は男女ともにあります。


 

1割はワンナイトでの出会い。


SNS
や出会い系サイトで性行為を目的とした出会いが増えています。


素人だから大丈夫ということはなく、リスクはあります。


女性は性感染症の症状が出にくいため自ら検査を行わないとわかりません。


ワンナイトの出会いで梅毒感染も増えてきています。


 

性風俗店は性感染症の温床になっていることは間違いありません。


でも性風俗店の従業員も自ら望んで性感染症になるわけではありません。


もともとはお客である男性から感染している。


検査をして陽性であった場合は仕事ができなくなり収入もなくなります。


なのでしっかりと検査を受けている従業員が多いと思います。


月に
1度検査を受けても検査後すぐにクラミジア感染者の相手をした場合は感染してしまいますからね。


 

性感染症はうつされたときは被害者ですが、その後は加害者になります。


加害者にならないためにはとにかく検査を受けることです。


すべての性行為には性感染症のリスクがあることを知らないといけません。

精子力を改善させるサプリメント!「精育支援サプリ」

ここ50年の世界的な調査で男性の精子数は半減していることが分かっています。


よって不妊の原因は
48%が男性であると世界保健機構(WHO)も報告しています。


 

原因はさまざまなライフスタイルの変化や環境ホルモンなどと言われていますが、特定されていません。


 

自分の精子力がどれぐらいあるのか?


まずは精液検査をしてみることです。


精液検査でわかることは以下の記事をご参照ください。

http://tengadoctor.livedoor.blog/archives/15102371.html
 

精子力が低下している場合、精子力を改善させる薬はありません。


なので生活習慣の改善やサプリメントの摂取を指導します。


 

精子力を改善させるサプリメントとしては亜鉛・コエンザイムQ10・ビタミンEなどが有名です。


これらの成分は実際に精子数や精子運動率を改善させたと論文でも報告されています。


 

そんな中、昨年10月に()TENGAヘルスケアさんから「精育支援サプリメント」が販売されました。
DSC_0021_1
https://thcstore.tenga.co.jp/seiiku-a/

特徴はプリマビエと言われる成分です。


プリマビエはヒマラヤ山脈の腐植土から抽出されたシラジットの精製粉末です。


もう一つの特徴は精子力を改善させるコエンザイム
Q10・亜鉛・ビタミンC/Eがすべて含まれていることです。


 

今回は、当院で「精育支援サプリメント」を飲んでいただいた方の実際のデータを報告します。

スライド1
スライド2

 

結果を見ると、ほとんどの数値が3カ月で改善されており精子力は上がっています。


妊娠に重要と言われる高速前進運動精子濃度は
200%以上も改善しています。


このサプリおそるべし・・・3カ月でここまで改善するとは。

正直この結果には驚きました。


 

もちろん精液検査後には生活指導も行っておりますので、すべてが精育支援サプリの影響ではありません。


サプリを飲むことで妊活への意識が高まったことも精子力が改善したことに影響していると思います。


 

妊活をしている男性の皆様、ぜひ実際に精子力を改善させる実績のある「精育支援サプリ」をお試しいただいてはいかがでしょうか?

妊活中のカップルにぜひおすすめしたい商品です。

Amazonでの購入もできますよ。


アクセスカウンター
  • 累計:

読者登録
楽天市場
記事検索
  • ライブドアブログ